個人投資家の皆様へUnitholders’ Information

REITについて

不動産投資信託とは

日本賃貸住宅投資法人(REIT)は不動産に投資することを目的とする投資信託です。東京証券取引所に上場しており、株式と同様に売買することができます。

  • REITとは、「Real Estate Investment Trust」の略称で、日本語では「不動産投資信託」といいます。2000年5月、投資信託及び投資法人に関する法律(2000年11月施行)の改正によ り、従来、投資信託の運用対象が、主として有価証券(株式や債券等)に限定されていたものが、不動産等へ拡大されました。これにより、不動産投資信託 (REIT)を組成するための法制が整いました。
  • REITは、投資家から集めた資金等によって、REITのために設立された法人である投資法人が不動産を所有し、運用した収益(賃料 収入や売却益)を投資家に分配する金融商品です。一定の条件を満たす場合、出資者に対する配当を法人税等の課税前利益によって行うことができます。
  • 各投資法人は、半年毎に決算を行い、投資家への分配金を支払います。日本賃貸住宅投資法人は、東京証券取引所 不動産投資信託市場に上場しており、投資口は株式と同じように売買が可能です。

REITの仕組み

  • REITは会社型投資信託(投資法人)と契約型投資信託(委託者指図型・委託者非指図型)の2つに分類されます。現在、上場しているREITは全て会社型投資信託です。
  • 会社型において投資口を表示する証券を投資証券といい、株式会社の株券に相当します。契約型において信託受益権を表示する証券を受益証券といいます。